きらきら星プロムナード

大地の学校で劇あそびしたよ!~年少さんの劇づくり~ 

この日は劇あそびをしに大地の学校やってきた年少さんたち。

最初にみんなでウォーミングアップ。「うさぎさんになってみよう!」
体があったまって、楽しくなってきた子どもたち。

最初のクラスは「てぶくろ」の劇をすることになりました。


子どもたちがやりたい役のお面を自分でえらんで、劇がはじまります。


クラスのお部屋でいっぱい楽しんでいた劇あそび。

大地の学校に集まったみんなの前でも、楽しそうに遊んでいます。


お気に入りの役になりきる子や、はじめての役にチャレンジする子。

小道具のにんじんを手にやってきたのは、「はやあしうさぎ」と「ぴんくのうさぎ」です。

子どもたちがやりたい役は、ちがうお話に登場する役の場合もあります。

「はいっていいよ」

「はやあしうさぎ」と「ぴんくのうさぎ」さんは、てぶくろの中に入れてもらえたようです。


楽しそうな年少さんを見る2才児クラスのどんぐりさんたち。

どんぐりさんも気に入ったしぐさやシーンは見た後にすぐ真似して楽しんでいました。


続いてのクラスの劇「がたんごとん」。

「のせてくださーい!」と汽車にのりこむ子どもたち。


「ディズニーランドにいきたい。」

子どもたちが思い思いの行き先を告げて汽車が出発します。


「しゅっぱーつ!」


走り出した汽車。子どもたちは楽しそうな表情です。

「いくよ!」目の前にあらわれた上り坂もへっちゃら!

みんなで力強く登ってきます。


しばらく走ると踏切が!

「しんかんせんがきたよ!」教えてくれる踏切さん。

みんなで他の列車を見送って、無事目的地まで到着しました。


最後のクラスは、おなじみ「三びきのやぎのがらがらどん

子どもたちが大好きなお話です。


橋を渡る小さいやぎ。すると・・・。


突然、コワいトロルが、ほら穴から出てきました。


「ちょっとまって、もっとでっかいヤギがくるよ!」

「じゃあ、いっていいよ!」

劇あそびの中で、自然にうまれてくる子どもたちのセリフ。

それは子どもたちの感性で、変化することも。

何度みても新鮮に感じます。


大きなヤギのがらがらどんとトロルの対決シーン。

子どもたちが大好きな場面です。


トロルをやっつけて、草をおいしそうに食べるヤギたち。

「むしゃ!むしゃ!」


劇を創る子どもたちの自由な表現。

楽しそうな姿がひかる大地の学校での劇あそびになりました。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

Instagram

twitter

PAGE TOP