きらきら星幼稚園ってどんなとこ?

「大きくなるって、どんなこと」幼稚園で、子どもが「おおきくなったんだもん!」と得意そうに言うときがあります。
そんな時、子どもは、とても自信に満ちて、笑顔が輝いています。
大きくなるといくことは、ただ、年齢がふえたり、体が大きくなったり、何かができるようになるということではありません。
子どもが、さまざまな体験の中で、自分で自分が誇らしく思えるような、「実感を持つ」ことだと思っています。
きらきら星幼稚園では、そのような子どもを育てるために、次のことを大切にして教育を進めています。
・人間としての「やさしさ」を持つこと
・人間としての「たくましさ」を持つこと
・人間としての「ひたむきさ」を持つこと

きらきら星幼稚園の特長

きらきら星幼稚園が大切にしている3つのこと

生きる力を育てる

きらきら星幼稚園は、子ども一人ひとりが、のびのびと育つ環境は何かを考えながら園舎や園庭を、毎年、進化させてきています。たとえば、園庭の遊具も、子どもの実態に合わせた、木製の手づくりのものです。また、数多くある木々の配置や種類も、その教育的効果を考えながら育ててきています。子どもが子どもの時間をいっぱい呼吸できるような幼稚園を創っています。

詳細を見る

豊かな自然体験

きらきら星幼稚園の子どもたちは、近くの海や山や森や川で遊ぶ体験がとても多くあります。幼児が、自然体験のなかで、十分に成長できていく教育プログラムをつくって、「生きる力」を育てています。

詳細を見る

絵本とわらべうた

きらきら星幼稚園では、「わらべうた」と「絵本」と大切にしています。なぜなら、その二つは、幼児期の育ちを無理なく、そして確実に支えていくからです。幼児期にふさわしい感性の教育を進めていくためにはどちらも絶対に欠かせない教材といえます。

詳細を見る

きらきら星プロムナード

入園ガイダンス

きらきら星幼稚園に入園をお考えの皆様へ

詳細を見る

2歳児クラス

子どもたちがのびのびと成長できる環境

詳細を見る
PAGE TOP