きらきら星プロムナード

年長クラス〜子どもたちに寄り添い 走るマラソン〜

10月7日(日)に予定されている きらきら星の「いっしょうけんめいの力」うんどうかい。

そこでおこなわれる 年長クラスの伝統競技「マラソン」

その本格的な練習がはじまりました。

スタートラインにたつ年長さん。応援する年少さんたちにもドキドキが伝わってきます。

幼稚園をとびだし全長1キロあまりのコースを走るマラソン。序盤はゆるやかな上り坂が続きます。みんながんばれ!

矢留山の入り口を曲がると平坦な道のりに。「がんばれ!」先生の声が背中を押します。

矢留の浄水場が見えてきました。黄色い箱に帽子を入れて、おりかえしです。あと半分です。がんばれ!

息を切らせて、子どもたちが幼稚園の運動場に帰ってきました。

「がんばれー!」年少さんも応援しています。

ゴール!最後まで本当に頑張りました。

次々に子どもたちが帰ってきました。

ゴールした子どもたちには順位が手渡されます。

先生が子どもたちに向けて「はじめてのフルマラソン。みんなよく最後までがんばったね!」みんなの頑張りをたたえます。

順位の書いた札をもって子どもたちが走り出しました。

向かったのはピロティ。順位を先生にわたします。「すごい!がんばったね!」先生が順位を記録しながらひとり一人に声をかけます。

涙をぬぐうしぐさに、先生がわけをききます。「きつかったけど、最後まで頑張って走れてよかった。」涙はがんばった証でした。先生も胸があつくなります。

「すごい!」先生の一言に表情がパッと明るくなる子や。

ひざをかかえて、ふさぎこんだ表情。途中でころんでしまったようです。「ころんでも最後まで走りきったね。いたかったのに頑張ったね。」先生のやさしい声で、すこし表情がゆるみます。

先生が肩に手をやって「まえよりもすごい!がんばった!」はにかみながら、とってもうれしそうです。

練習のたびに順位をつけるマラソン。その中で、子どもたちはうれしさやくやしさを経験していきます。

でも大事なことは、最後まで一生懸命走り抜くこと。順位は一生懸命走るための「道しるべ」にしかすぎません。

「みて!みて!」最後まで走りきって、満足そうに順位の札を見えてくれるこどもたち。

1キロを超えるマラソンコース。

その道のりを走る子どもたち、ひとりひとりにドラマがあります。

その姿に寄り添うこと。それがきらきら星のマラソンです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

Instagram

twitter

PAGE TOP