きんぎょがにげた② 水そうをつくろう 〜小さな星のアート活動〜

小さなビンに入った 子どもたちがつくった きんぎょ。

「ちょっと せまそうだね」

「みんなのつくったきんぎょさんが入れる大きな 水そうつくろう」

そこで 子どもたちの目の前には 大きな白い紙が 用意されました。

いろんな色を筆やローラーをつかって、絵の具あそび。

こんどは足や手に直接絵の具をつけて「ぺたぺた」

絵の具の感触や色の変化をたのしみながら。

夢中で絵の具のあしあとをつけたり。

子どもたちが からだで感じる絵の具のおもしろさ。

最初は絵の具に親しみがなかった子どもたちも、だんだん夢中になってきているようです。

気付いたら、こんなに大きな絵の具の作品ができあがりました。

子どもたちが絵の具で夢中になって描いた 大きな「すいそう」。

保育園のホール おいて、じゅんび完了。あとはきんぎょさんを うつすだけです。

でもこの後、たいへんなこと がおきてしまいます。

関連記事

  1. ~秋からのおくりもので~「秋ランタン」作り

  2. フルイドアート体験〜小さな星のアートプロジェクト〜

  3. 〜傘をかざすとあらわれる〜「ひかり」と「かげ」のアート

  4. きんぎょがにげた① きんぎょをつくろう〜小さな星のアート活動…

  5. 大きな辰づくり〜新年を迎える子どもたちのアート活動〜

  6. 光の色と影で遊ぼう カラー・アクティビティ・パネル

instagram

PAGE TOP