フルイドアート体験〜小さな星のアートプロジェクト〜

小さな星の保育園では、定期的にアートディレクターのyuiyuさんをお招きして、

アート活動を行っています。

今回は「フルイドアート」という技法にチャレンジしました。

アクリル絵具に洗濯のりをまぜたものを、キャンバスに たらします。

yuiyuさんが落とす ねっとりとした絵具の様子を不思議そうに見守る子どもたち。

今度はyuiyuさんがキャンバスを傾けると 絵具が流れて どんどん模様が変わっていきます。

色が混ざり合って不思議な模様が出来上がりました。

早速子どもたちもチャレンジ!

思い思いの色をキャンバスにたらしていきます。

色をかさねて線を描くように流したり、

色を上から ポタポタおとしたりと 子どもたちは自由にキャンバスと絵具を使っています。

今度は絵具を落としたキャンバスを傾けると、どんどん模様が変化していきます。

絵具が流れて混ざり合うほどに、深みのある不思議な色合いが生まれています。

キャンバスの上の絵具をみると、子どもたちは「さわってみたい!」という気持ちに!

絵具の感触を楽しみながらさわると、もっと複雑な色合いに。

模様をじっと見つめて、その不思議さに子どもたちは興味津々の様子でした。

完成した作品をベランダで乾かします。

乾いた作品の表面。偶然に 混ざり合った絵具がまた違った表情に。

ひとりひとり違う作品なのはもちろん。子どもの瞬間の感性と偶然が生み出す世界に一つだけの作品です。

完成した作品は 保育園のホールに飾りました。

子どもたちが作った作品で、ホールはまるで美術館。

キャンバスの裏側には 子どもたちが

夢中で作品をつくっているときの写真も飾っています。

子どもたちと 偶然 が生み出す美しさ。

アートの力がキャンバス全体から

流れ出るようなフルイドアート体験でした。

関連記事

  1. ~秋からのおくりもので~「秋ランタン」作り

  2. 物語で感じるアート〜ストーリーを描いてみよう!〜

instagram

PAGE TOP